So-net無料ブログ作成

セリの刈り取り [畑]

プランターのセリがボサボサになってきたので、
全部さっぱり収穫、根っこはそのままです。
再生セリの収穫は2回目。
セリの収穫.jpg
茎が横に伸びて、着地した節から根っこが出たりしていました。
ほとんど丸坊主ですが、まだいけそうです!また生えるかな.jpg

とうやの煮物 [食]

厚揚げと長ネギととうやを焼き干しの出汁で煮物に。
柔らかくて味がしみてうまいです。
どんどん食べてしまおう、とうや。
とうや煮物.jpg

ファーマーズセンターで苗購入 [畑]

秋川のファーマーズセンターまで新鮮な野菜の買い出し、
そして、ついつい、苗の買い足し。どこに植えるかこれから考えます。
「甘とう美人」×3、ピーマン「京みどり」×3、「ホーム桃太郎」×3
ここまでならいつもの感じですが、
接木小玉スイカ「紅しずく」×2 が今年の目玉!
と言っても、狭い畑にスイカの蔓が伸びる余地はないので、
スイカの収穫は望み薄です。
ファーマーズマートの苗.jpg
R0018090.jpgR0018089.jpg
R0018088.jpgR0018087.jpg

トマトとゴーヤとヘチマ [畑]

トマトの支柱を準備。左から、
「レッドマジック」「レモントマト」「トスカーナバイオレット」
まだ花がついていないので定植には若干早かったかもしれませんが。
とまとごーやへちま.jpg
手前には、銀座わしたショップで買って来きたツルもの。
センターがアバシゴーヤ、その左右がヘチマ、両端が長ゴーヤ。
汚水升が2つありますが、これを避けて根を伸ばしてくださいね!
おすいます.jpg

芽が出てしまったので、、、 [畑]

青森田子町のにんにくを大切に吊るしておいたのですが、
気づいたら立派な芽がでてしまっていました。
青森産にんにく.jpg
無理に料理に使ってもよいのですが、切ってみたらちょっと萎びていて、
ついに畑にニンニクを植えてみることに!
根っこに悪さする虫を追っ払う才能がありそうなので、
トマトやピーマンの近くに1つずつ。
楽しみです。
トマトのまわりに.jpg

接木キュウリ「夏すずみ」 [畑]

接木キュウリ「夏すずみ」のネットを作りました。
高さは270cmくらい。ここまでうまく蔓が伸びれば、
かなりの収穫になるはずです。
夏すずみ2.jpg
ふたつの苗は順調に育ち始めています。
追肥、摘心をしっかりやらなければ。。。
夏すずみ1.jpg

ジャガイモに実がなる??? [畑]

不思議なことが起きました!
ジャガイモとうやに実が出来てます。
トマトっぽい。このまま大きくなるのでしょうか?
とうやの実.jpg
花が咲けば実がなるといわれれば、そうだけど。。
美味しいかな?種がとれる?ジャガイモの種?
とうやの花.jpg


ふつうのそら豆を試し穫り [畑]

アグアドゥルセはついに食べ終わり、撤収も完了。
きょうからはふつうのそら豆の収穫です。
ただのそら豆のグループ.jpg
アグアドゥルセが何粒も入っているタイプだったので、
こちらはちょっとさみしいですが、
そこそこ大きさになっています。
ただのそら豆の様子.jpg
塩ゆでと塩焼き。ふつうにうまい。
ことしはいつまでもそら豆が食べれます。
ただのそら豆の塩焼き&塩茹で.jpg

とうやで③品 [畑]

とうやの極小60個をスキレットで炒めました。
牛肉、ニンニク、ローズマリー、塩、コショー。
とうや60個焼き.jpg
とうやバター。ただ蒸してバターのせ、
これはうまい!
とうやはホクホクできめ細かい。さらっとした食感のいもです。
とうやジャガバター.jpg
そして、これはトマトとチーズをのせてトースターで。
さっぱりとした柔らかいとうやは大当たりです。
とうやチーズとまと.jpg

アグアドゥルセごはん [食]

そら豆のゆで汁、塩、醤油、日本酒、昆布、そら豆の皮を入れてゴハンを炊きます。
炊きあがったらそら豆を混ぜて完成。
皮は柔らかかったのでそのまま一緒に食べちゃいました。
アグアドゥルセごはん.jpg
これでアグアドゥルセは終了ですが、
まだ普通の空豆の収穫が始まっていません。
まだしばらく空豆料理が続きます。
アグアドゥルセごはんアップ.jpg

ごまも食べる? [食]

朝から肌寒く雨だったので、、、
どの家も窓を閉め切っていることでしょう。
で、いただいたクサヤを焼くことになりました。
穫れたてのじゃがいも「とうや」とイタリアンパセリ。
くさや3枚目.jpg
焼いたクサヤをほぐして、チンしたとうやと混ぜるだけ。
マヨ、塩、コショー。
朝食なのでパンにのせてみました。
ポテトくさや.jpg
イタリアンパセリはクサヤに負けずに強い香り。
ほくほくとうやとのバランスもばっちり。うますぎ注意。
うまい!.jpg

アグアドゥルセでケーキ [食]

キッシュとパウンドケーキの焼き型はひとつずつしかないので
毎回、同時にオーブンに入れて作ってます。
アグアドゥルセのパウンドケーキは、
粉100g、バター40g、砂糖40g、卵1個、ふくらし粉、アグアドゥルセ。
通常のレシピと比べると、バターと砂糖は半分くらいです。
アグアドゥルセパウンンドケーキの具.jpg
この種を焼けばすぐ完成!あまり膨らみませんでしたが、
分量を勝手に変えているのでこんな感じでOK。
砂糖を減らしたおかげで、そら豆の甘さや風味がよくわかります。
アグアドゥルセパウンドケーキ.jpg
アグアドゥルセパウンドケーキ断面jpg.jpg

アグアドゥルセでキッシュ [食]

アグアドゥルセに切れ目を入れて軽く塩ゆでしたら、
皮をつまんで豆を取り出し、皮は細かく刻みます。
ゆで汁は捨てないでそら豆ゴハンを炊くときに使えます。
アグアドゥルセ皮.jpg
皮を長ネギ、ソーセージ、タイムと炒め、
アグアドゥルセ皮炒め.jpg
冷めてから卵を混ぜておきます。
生地にそら豆を並べて、この上に具をのせます。
アグアドゥルセ豆じゅうたん.jpg
オーブンで160°で30分。完成品はこちら!
お酒に合う軽い塩味、断面のそら豆もきれいです。
アグアドゥルセキッシュ.jpg
アグアドゥルセキッシュ断面.jpg

とうやを半分収穫 [畑]

2月7日に植えた「とうや」を半分撤収!
じゃがいも「とうや」.jpg
思ったよりたくさんイモがついてる!
大きさもまあまあ。
やっぱり芋掘りは楽しいですね。
けっこう穫れてます.jpg
とうや収穫.jpg
集計の結果、イモの数120個。(大10個、中20個、小30個、極小60個)
総重量は3300g、最大のイモはひとつで200g。
植え付けた1kgからは3.3倍に増えています。
まだ植えてある分もあるので、全撤収時に再計算します。
120個3300g.jpg

アグアドゥルセの観察 [畑]

けさの収穫。しっかり熟したようで、スジがしっかりして、ピーってとれます。
豆は栄養が供給されていたへその緒から外れやすくなっています。
アグアドゥルセの観察.jpg
このフワフワな素材で大切に梱包されていた豆は
十分に大きくなっています。
アグアドゥルセのクッション.jpg
成長過程がわかるように、4つ並べました。
大きくなるにつれて、へその緒が黄色くなり、
やがてお歯黒ができてサヤから切り離されます。
アグアドゥルセの成長.jpg


キタムラサキのグリル [食]

紫色のいもに茶色い焦げ目がついて、
ふだんあまり見ない色合いです。
ポテト炒め.jpg
この紫色はナスとおなじアントシアニン色素の色です。
紫あっぷ.jpg

ジャーマンポテト [食]

茹でたり炒めたりするとムラサキ色が黒っぽくなったり
しちゃいますが、もとはこんなきれいな色です。
紫グループ.jpg
朝食のプレートには、いただいたフレッシュなアスパラと、
いただいた美味しい天然酵母パン。そしてキタムラサキで作ったジャーマンポテト。
花芽がつきはじめたイタリアンパセリを剪定したので、
食べれる部分を細かく刻んで大量にふりかけてみました。
ジャーマンポテト2.jpg
ジャーマンポテト.jpg

キタムラサキのケーキ [食]

もうひとつは、オーブンで同時に焼いたキタムラサキケーキ。
こちらはほんのり甘いのでスイーツの仲間です。
イモがたくさん入っています。
イモケーキ.jpg
イモケーキ断面.jpg

キタムラサキのキッシュ [食]

ごろごろ細かいイモがたくさん収穫されたので、
キッコロがキタムラサキメニューを②つ作ってくれました。
紫3こ.jpg
キタムラサキキッシュは、タマネギ、ソーセージ、畑のタイム、キタムラサキ
を炒めて、冷まして、卵と一緒にオーブンで。味つけは塩、コショー、バターなど
見た目はスイーツみたいですが、ボリュームがあるおかずメニューです。
イモキッシュホール.jpg
イモキッシュ.jpg

でました!ヤモリ [虫]

プランターを動かすとき、ちょっと緊張しますね。
下に何か隠れてることがあるから、、、
何もいなかったじゃん。と思ってよく見て、あれ?
ってこともあります。
ブロックにくっついていたのは、久しぶりのヤモリ!
動かないので見落とすところでした。
やもり2.jpg
畑の土の色、枯れ葉の色と同じ色をしています。
からだの模様はコンクリートブロックの表面とそっくり。
ジーーッとしてるので、いい写真が撮れました。
やもり1.jpg

ちょめの腕のブチ [猫]

ちょめが枕に寄りかかっていたのでデジカメを近づけたら、
視線がヒモに釘付けに!
両腕にあるチャトラのブチが可愛いですね。
ちょ1.jpg
ちょ2.jpg
ちょ3.jpg
ちょ4.jpg

春のGPSP祭り [食]

GP(グリーンピース)とSP(スカイピース(ソラマメ))豊作!
最後のGPはスキレットでグリルに。
スキレットでグリル.jpg
この鉄板を使うようになってから、肉や野菜の旨さが変わりました。
BBQの鉄板焼きがうまいのは外で食べるからだけじゃなくて、
何か理由があるような気がします。
豆たちもこのようにいい焼き色に。
まめが焼けてきた.jpg
豆が膨らむまえのGPはサヤエンドウとして、SPと一緒にテンプラに。
塩を軽くふって。
GPサヤのテンプラ.jpg
SPテンプラ.jpg

キタムラサキを一気に収穫 [畑]

植え付けから3ヶ月経過、ちょっと早いですが、
思い切ってキタムラサキを抜いてみると、
おやおや、思ったよりイモができてる!
キタムラサキ畑.jpg
キタムラサキ収穫.jpg
夏の畑に模様替えするために、全収穫となりました。
植えておけばまだまだ大きりそうでしたが、、、
奥のザルに中小サイズが30個、手前のザルに小サイズが50個、
器にGP程度のものが31個。
ホームセンターで買ってきた種芋の重量が1kg、収穫の重量は2.5kg。
つまり、2.5倍に増えたことになります。よしとしましょう。
30+50+31.jpg

GP大成功そして撤収 [畑]

夏の畑のプランター準備もあり、GPを撤収しました。
11月初めに種をまいたので、収穫まで6ヶ月くらい。
うまくできたので来年も作るかな。
GP撤収.jpg
まだ若いサヤもありましたが、これはサヤエンドウとして
食べることにします。
GP撤収!.jpg

パクチー炒飯GP入り [食]

パクチーに白い小さいな花が咲いています。
塔立ちし始めたときに摘んだりしていましたが追いつかず。
きょうは大量に剪定しました。
パクチー塔立ち.jpg
このパクチーを刻んで、GPとともにチャーハン。
味付けはあえて醤油ではなく、塩こしょう。GPもいい感じ。
パクチーうま過ぎ。
パクチーGPチャーハン.jpg
パクチーGP5.jpg

みょうがが出てきた! [畑]

ミョウガを植えてからもうすぐ②年です。
昨年は10個くらいは食べられたかな?今年はどうだろ。
家の南側は隣地境界まで50cmしかないので、
あまり日が当たらず、半日陰でみょうがに最適。
南側.jpgみょうが.jpg

アグアドゥルセ①莢に⑧粒 [畑]

アグアドゥルセの収穫が本格的に。
種袋には「サヤが30cm以上、ひとサヤに7〜8粒の豆が入る」
と書いてあります。
アグアドゥルセ.jpg
「株間30cm」とかも無視して、狭い所に植えてるわりには、
いい感じにサヤが伸びてきました。
アグアドゥルセ長い.jpg
そして、なんと。ひとサヤに⑧個の豆が入ったものまで発見!
アグアドゥルセ大成功です。
アグアドゥルセ8個入り.jpg
きょうの収穫はこれだけ。
結構たくさん穫れてます。
アグアドゥルセでソラマメ.jpg

国立天文台 [旅]

ホームセンターから国立天文台まで散歩に行ってきました。
ここにはポツリポツリと観測施設が残されており、
広い原っぱにはいろいろな雑草と虫が、そして鳥の声も。
気持ちのよいところでした。
三鷹天文台.jpg
アカツメクサとベニシジミ
ベニシジミ.jpg
タンポポの綿毛とキリギリスの子ども
タンポポ.jpg
キリギリス.jpg

2011夏の苗を準備!続き2 [畑]

⑨ピーマン「京波」
⑩「カラーピーマンイエロー」 
乾燥に注意して下さい。葉色が黄色くなったら肥料切れのサインです。
追肥は緩効性のものを適度に与えると良いです。
収穫は果実が大きく完熟するまで待ってから収穫をおすすめします。
京波ピーマン2.jpgカラーピーマン.jpg
⑪「韓国美味唐辛子」辛みと甘みのバランスが最高!
韓国では光緑唐辛子と呼ばれる色鮮やかな唐辛子です。
栽培環境によって辛みが出たり、辛みが無くなる場合があります。
⑫「ハラペーニョ」いろんな料理に活躍!ピクルスに最適
生育中は定期的に水やり、液肥を与えましょう。2〜4cmの実になったら収穫です。
ピクルスはもちろん、カレーやピザのトッピングに。
収穫後の保存方法 酢漬け、冷凍、乾燥
韓国美味唐辛子.jpgハラペーニョ.jpg
⑬「スイートバジル(無農薬)」
バジル.jpg

2011夏の苗を準備!続き [畑]

⑤「レモントマト」レモンにそっくり!?果肉は厚く、ゼリー部分が少ない
形、サイズともにレモンにそっくりのトマトです。さっぱりとした味の
品種なので、サラダやサルサに適しています。
⑥接木キュウリ「夏すずみ」
レモントマトjpg.jpg夏すずみ.jpg
⑦京野菜「賀茂なす」肉質が締まっており、歯ごたえのいい大型の丸なす
重さが250g〜300gにもなる。揚げなすや田楽にして食べるとおいしいです。
⑧長なす「庄屋大長」病気に強くスタミナ抜群で秋ナスまで長期収穫可能。
多取にはやや若どりが肝要。メシベがオシベより短くなる前に追肥を。
8月上旬に枝を切り戻せば柔らかい秋ナスがとれる。
賀茂なす.jpg長なす庄屋大長.jpg