So-net無料ブログ作成
検索選択

ヒジキで②品 [旅]

ニンジン、レンコンなどとヒジキの煮物。
いつもよく食べるものですが、穫ってきたヒジキで作るのは初めて。
ヒジキがクタクタにならず、しっかりしてます。
ひじき7.jpgひじき1.jpg
こちらはペペロン長ひじき。ニンニク&唐辛子&ベーコンと炒めて、
最後にイタリアンパセリのみじん切りを。
長いヒジキは柔らかくもちもちでスタみたい!ヒット作です。
ひじき2.jpg

たすけあい [猫]

ちょめはいつもごまの面倒をみてくれます。
きょうはごまもちょめのけづくろいを手伝ってます。
仲良しでなにより。
助け合い1.jpg助け合い3.jpg助け合い2.jpg

アグアドゥルセ試し穫り [畑]

一莢に7〜8粒の豆が入るアグアドゥルセです。
空に向いていた莢が下を向いたので4本だけ穫ってみました。
アグアドゥルセ試し穫り1.jpg
中からは、とても小さい豆が!まだまだ未熟です。
八百屋では買えない贅沢品ですがさっそく茹でていただきます。
アグアドゥルセ試し穫り2.jpg
食べる前に色の観察。皮は黄緑からエメラルドグリーンに変化。
お歯黒の部分もまだなく、莢と繋がっていた部分は鮮やかな緑色に。
極小空豆ですが、味は一級品です!
アグアドゥルセ試し穫り4.jpg

グリーンピース@@@@ [畑]

キヌサヤとかではないです。グリーンピース。
子供の頃は嫌いだったけど、
これがツマミになるかと思うと楽しみです。
日に日にぷっくりしてきています。
グリーンピース2.jpg
グリーンピース1.jpg

真っ黒!炭か!! [旅]

ヒジキが乾きました!茶褐色だったものが真っ黒に。
炭のように黒いです。光を吸収してポールの中に
吸い込まれそうな感じがします。
R0017257.jpg
茎だった部分の長ヒジキは針金みたいで、
互いに絡み合ってなかなか解けませんが、折れたりもしません。
R0017264.jpg
そして、葉っぱの部分のふつうのヒジキ、
干して小さくなりましたが、料理するときまた膨らむから
やっぱり結構な量があります。カリカリです。
R0017263.jpg

年に①回のお風呂 [猫]

暖かくなってきたので、毛も抜け始めます。
そこできょうは年に①回のネコのお風呂。
ネコはお風呂が嫌いなので、作業は二人掛かり、
写真を撮る余裕はありませんので、お風呂上がりを。
天日干し中のちょめとごまですが、ボサボサになった毛を
元通りにするのに半日かかります。ごくろうさまです。
ねこのおふろ3.jpgねこのおふろ1.jpg
もう少しで毛繕い終わるかな?
ふたりとも「邪魔しないでぇ〜」って顔して一生懸命です。
ねこのおふろ2.jpgねこのおふろ4.jpg

ヒジキを干しました [旅]

大きな鍋2つでヒジキをグツグツ、2時間煮てから天日干し。
煮ると茎?と葉?が分解されます。30cmくらいある長〜い茎?は長ヒジキ、
細かい葉?の部分はいつものヒジキ。分けておきました。
hijiki3.jpghijiki2.jpghijiki1.jpg

しおふき‐がい【潮吹貝】 [旅]

白くてちょっといびつな貝は、しおふき‐がい【潮吹貝】でした。
砂が抜けづらいそうで、茹でてパカッと開いたら、身を集めて
塩水のなかで反時計回りに回していると砂が落ちるようです。。。
しおふき.jpg
このむき身で佃煮を!
最高です。もっと採れたらいいのになぁ〜
佃煮.jpg

あさりのリゾット [旅]

きのうは砂を吐いていなそうで、死んでいると思って
残しておいたアサリですが、一晩おいておいたら
元気に水管が伸びていました!そこで、これでリゾットを。
はたけのイタリアンパセリもたくさん使って。
あさりリゾット.jpgあさりリゾット2.jpg

拾ったアサリでおつまみ [旅]

まず、暗いところで砂を吐かせます。
砂利のうえにアサリを撒いて、ペットボトルに汲んできた海水を。
アッと言う間に水管がにょろにょろ出てきて、まわりが水だらけ。
R0017170.jpg
たいした分量はないのですが、
ツマミ②種類。まず、拾ったアサリ&直売所で買ったキャベツ。
ただの白ワイン蒸しです。が、味と香りは一級品です。
あさりきゃべつ2.jpgあさりきゃべつ.jpg
続いて、拾ったアサリ&豚肉。
ただの酒蒸しです。が、いいダシ出てます。
あさり豚.jpgあさり豚2.jpg