So-net無料ブログ作成

畑のキャベツで②品 [食]

冷蔵庫に保存いてあったキャベツで②品
まずは、マヨネーズ、粒マスタード、塩でサラダを作りましたが、
しょっぱ過ぎ!になってしまったので、農協の牛肉たたきにのせて。
これはバッチリ!いい組み合わせです。
きゃべつサラダ.jpg牛肉たたきに.jpg
そして、お好み焼き!結球しなかったから、葉に太陽が当たって、ミドリが濃厚。
葉緑素満点のお好み焼きになりました。
きゃべつで.jpg
お好み焼き.jpg

リビングのごま [猫]

午前中はリビングの窓際のひなたでまったりしているごまちゃんです。
近くでブログを書いていると、ゴロゴロと膝に乗りにきたりしますが、
そのうち暖かいところで寝てたりします。
ごま1.jpg
ごま2.jpg

日野菜カブのピクルス! [食]

日野菜カブの塩漬けは残念ながら腐ってしまいました。
塩が少なかったのと部屋がわりと暖かかったのが原因です。
そこで今度はピクルスを作ることに!
酢300g、砂糖90g、水90g、塩小さじ1杯と
ローリエ、レッドペッパー、ブラックペッパー、鷹の爪、
そして庭のタイムとローズマリー。
これらを一度沸騰させて、日野菜カブを入れたガラス容器に。
ぴくるす.jpg
ぴくるす2.jpg

日野菜カブの茎と花のパスタ [食]

茎の皮をしっかり向いて、ハムとトマトと一緒にパスタソースに。
パスタが茹で上がる直前に花芽を一緒に茹でます。
ソースとパスタを絡めて完成。見た目もよし。
日野菜パスタ.jpg
日野菜カブはな.jpg

日野菜カブの茎で [食]

茎の瞬間蒸し。そのまま蒸して塩をふるだけ。
見た目はアスパラみたいですが、
茎の芯がとろとろに柔らかくなって、白い丸いカブの味がします。
問題は皮が硬いこと。次回収穫時はさらに茎が太くなっているはずなので、
しっかり皮をむいて作れば、きっと絶品おつまみになります!
日野菜茎.jpg

日野菜カブを大量収穫! [畑]

日野菜カブ畑ではどんどん茎が伸びてしまっています。
栄養が花芽に使われてしまう。土の中のカブはどうなっているのか?
大量収穫を決行!
日野菜カブ.jpg
紫色の立派な茎、柔らかい葉っぱ、ツボミ、カブ。
日野菜カブを分解して下ごしらえ。さてどうやって料理しよう?
日野菜カブ分解.jpg

次郎丸ほうれん草のごま和え [食]

3月になって急激に成長した次郎丸ほうれん草、
根元の赤い部分や根っこも一緒に茹でてごま和えに。
毎日、ミドリの野菜だらけ、冬ってこんなに葉ものが穫れるんですね。
食べるのが忙しいです!
ホウレンソウのごま和え.jpg

おばけ野沢菜で3品 [食]

①太い茎を茹でて桜えびとサラダに。マヨネーズ味。
野沢菜の桜えびさらだ.jpg
②茹でた野沢菜をごまペーストと豆板醤と麺つゆで和えたもの。
みずみずしい野沢菜の茎が特徴的です。
野沢菜のごま和え豆板醤麺つゆ.jpg
③野沢菜スープカレー
大根カレーに続いて、野沢菜の葉っぱをフードカッターで細かくして
スープカレーに!葉っぱを消費するのが大変ですが、うまいからOK!
野沢菜スープ.jpg

ねこのきもち [猫]

青森のお母さんから「ねこのきもち」の付録をもらいました。
ごまもちょめもこの黄色いヒモでつながれたピンクのネズミが大好き!
遊んでる途中でわざと知らんぷりしたりします。
ごま1.jpgGOMA2.jpgGOMA3.jpgGOMA4.jpgGOMA5.jpgGOMA6.jpgGOMA7.jpgごま8.jpg

耐病総太り大根で3品 [食]

①総太り大根葉とハムのマスタード和え
葉っぱの柔らかい部分を茹でてしっかり絞ってみじん切りに、
ハムと粒マスタード、マヨネーズ、アップルビネガーで味つけして完成。
大根葉とハムのマスタード和え.jpg
②総太り大根茎とごぼうのキンピラ
茎は水っぽくならないように強火で炒めます、
ごぼうは別に炒めて、最後に混ぜて味付け。
別々に炒めるのがポイントです!
大根茎のきんぴらそれぞれ炒め.jpg
③生ハム&総太り大根
総太りと言う名前でも、全然太くないですが、
生ハムと合わせてかじるにはいい感じです。
総太り大根なまはむ.jpg