So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

春菊元気 [畑]

春分を過ぎて春菊がぐんぐん伸びています。気温は低めなので虫は少ないですが、ハモグリバエが飛来し始めたら、食べられなくなってしまうので、今のうち。奥に見えている緑の中心が春菊、まわりにはハコベがびっしり。
_20170324_075353.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

赤からし菜のナムル!とおひたし! [食]

大きくなった赤水菜あらため「赤からし菜」は、葉っぱをむしってナムルに、残った部分はおひたしに。ナムルは加熱しないので、アントシアニンもそのまま、栄誉満点。ごま油、塩、顆粒状の鶏ガラスープ、摺り下ろしニンニク、白ごまを混ぜて、葉っぱとよく和えます。からし菜の程よい辛さが心地よい素晴らしいおつまみ!茎は茹でて白だしでおひたしに。シャキシャキした歯ごたえで辛さは消えてしまいましたが、食べやすくていい感じです。これなら捨てるところはありません!
_20170320_161436.JPG_20170320_205335.JPG_20170320_161342.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ラディッシュの一夜漬け。 [食]

ラディッシュが順調に大きくなりました!
_20170321_055329.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

《赤水菜》の正体は何と。。。 [畑]

この種を買ったのは2014年。今回の収穫は3シーズン目ですが、今頃になって重要なことに気づきました!サラダに入れても、炒めても、鍋に入れても、そして先日ピクルスを作っても、ニガイ!!!それもそのはず、ネットで検索したら、「赤水菜」は別物!では、これは何?どうも『赤からし菜』のようです。ニガイはずです。からし菜ですから!
ピクルスが辛くなった失敗も、味付けが悪かったのではなく、からし菜だったから。気づくまでに3年かかったのは、種の袋に「赤水菜」とはっきり書いてあり、辛いとか苦いとかはどこにも書かれていないからですが、「水菜のような、、、」とは、水菜ではないということ?まあ、やっと気づいたので『からし菜』のレシピを調べて食卓に再登場させることにします。
_20170320_175433.JPG
_20170320_170713.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ダンボールコンポスト投入終了! [畑]

10月に始めた段ボールコンポストですが、GWの苗植え時に堆肥として使うための最終段階です。
野菜グズの発酵が確実に進むように毎日かき混ぜます。たまに水を加えて、温度が上がらなくなったらひとまず完成。ビニール袋に入れて熟成してから畑に!生ゴミが畑の栄養に変身する素晴らしいリサイクル。あと一息です。
節分で撒いた落花生の殻は分解しなそうです。
DSC_0794.JPGDSC_0793.JPG

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の5件 | -